カラーラバーが似合う卓球場

ピンクとブルーを基調にした南国の雰囲気が漂う卓球場を発見。カラーラバーが似合うおしゃれな空間を体験レポート!

誰の聖域も侵さずプレーできる目的別の空間設定

カラーラバーの登場で卓球界にパステルカラーの風が吹く昨今。卓球場も赤×黒の平成時代から、ピンク×ブルーの令和の時代に変化を遂げるのでは。そんな期待を抱かせる卓球場を発見しました。天女伝説ゆかりの地・大阪府高石市の「はごろも卓球スタジオ」です。

取材に訪れたのは11月の初旬。木の葉がおろしたてのラバーのように赤々と色づき始めるころ。南海線に20分ほど揺られ、なんば駅から高石駅へ。降りてから徒歩3分、商業施設の裏階段の壁際に「はごろも~」と書かれた木札を見つけました。気づいた人には幸運が訪れてもいいんじゃないかと思えるくらい小さく控えめな目印。秘密基地に招待されたようなワクワク感がたまりません。「ソロ練中心の私でも受け入れてもらえるか?」自分にとって卓球場選びの大切なポイント。入り江のようなプライベート感溢れる卓球空間を期待して、階段を上がりレンガ色の長いスロープを抜けると、そこは意外にも大海原でした。広さ700㎡、卓球台は全部で15台。市内では体育館クラスの大箱。「初級者の方が楽しんで練習されるスペース、子供たちが練習するバンビ台エリア、マシン専用の個室など、お客様の目的に合わせて場所をわけています」とコーチの新井愛さん。私のようなおひとり様でも気兼ねなく練習できるのはありがたい。同僚との親睦、家族とのレクリエーション、クラブ仲間との闇練など、どんなグループが来ても対応できる懐の深さも大海のようですね。

ハイビスカスにヤシの木、ここは大阪に浮かび上がるハワイ

スタジオ内は南国の香りがふんわりと漂っています。潮ではなくココナッツとプルメリアの香り。甘くクリーミーな匂いに誘われて部屋を移動すると、ピンクとブルーが掛け合う世界に視界が開けました。そう10月にリニューアルしたばかりのレクリエーションルーム。200㎡の広さを覆う壁は一面ピンク色、床は水色がアクセントになったレトロ調のフローリングが敷かれています。スイート&キュート。私こと、おばさんに経年変化を遂げた女子ですら浮足立ってしまいそう。「ハワイやグアムが好きなので、小物も南国系でそろえました」と愛さん。明るくフェミニンな卓球ルームはご本人の趣味とセンスが反映されているんですね。部屋の隅に置かれた瑞々しいヤシの木、台にかけられた色とりどりのレイ、テーブルに配された色鮮やかなハイビスカスのオブジェ……etc こんな場所でプロポーズされたかった(涙)。

ピンク×ブルーの空間に溶け込むカラーラバーで勝負

南国気分で卓球場に来たことを忘れかけていた自分にリマインドしなければなりません。ここはハワイでもなく女子部屋でもなく卓球場であること。そして汗をかいて必死にボールを追いかける練習場所であること。本音を言えば「ブルーハワイでも飲みながら、TUBEでも聴きながら、一日中ボーッとしていたい」空間です。どうしても卓球をせよということでしたら、ラバーは新色のカラーを所望します。ピンクとブルーを基調にしたスペースに合うのは淡い色合いのピンクとブルー、そしてバイオレット。ウエアもパステルカラーが似合いますね。この場にふさわしいトータルコーディネートが完成したら、羽衣をまとった天女のように、おばちゃん卓球の優美な舞をお見せしましょう!

はごろも卓球スタジオ☆レクリエーションルーム

場所:大阪府高石市綾園1-12-3 高石綾園マンション2F
TEL:072-266-3231
営業時間:火曜12:00~20:00、木曜完全予約制(11:00~事前予約のみ対応)、
金曜12:00~20:00、土曜10:00~18:00 休館日:月・水・日・祝(出張対応)

※不定休、営業日時はHPで確認を。
※祝日は周先生の特別教室、イベントなどの開催あり。
※学校の長期休暇の火曜と金曜は18:00まで。
URL https://www.hagoromo-tt.jp

関連記事

体験レポート
ライフサポート
おかぴーに卓球Life supportされてみた……【体験レポート】
ブログ
卓球熱再び1
卓球熱再び 前編
インタビュー
教わりかたの教科書スライス
卓球の教わり方の教科書    

Follow me!